Jul 11, 2009

bones


動物の骨のみならず、家具や電子機器などの工業製品の骨=形や機能を作り出す骨格に焦点をあててます。
普段どれだけモノの骨について意識できているでしょうね。
メカニカルな作品、インタラクティブな作品が多かったので楽しかったー。

展示スペースに大きなテーブルがあって、「骨」と切り抜かれたA4くらいの紙に、
上からプロジェクタで映像を照射してタッチで操作する作品解説、あれも楽しいね。
21_21初めて行ったのですけど、今回の展示以外にもあるんですかね。


ちなみに私は昔、自分の骨を見た事があります。
階段踏み外してスネを強打、肉がえぐれて白いものが見えました。
ああ、思い出すだけで痛い、、

2 comments:

niwa. said...

Netoの作品見たさに行ったんだけど、骨の写真が一番だったかもなー。自然の造形にはなかなか敵いませんね。

何度か企画展行ってますけど、タッチできる作品解説は初めて見かけましたよ。

HAL said...

骨写真同感です。X線も好きですねー
作品解説、精度と速度がもうちょっとって感じですけど、面白い試みですよね。